peterKo
そもそも「名古屋市の商業地区で、ちょっと荒んだ雰囲気の一帯」で暮らしていた江川家。自動車関係の小さな町工場の経営者だった父と、旧家の出で父親は大学教員という母の「気が合うはずもない」夫婦の間に生まれたのが「兄と年子の弟である私です。子どもを社会に還元できる立派な大人にすることに希望を見出した母は、子育てに没頭していきました」(「婦人公論」特集記事より。以下同)  名古屋では長男を優先する傾向もあって、兄はなんでも買い与えられる日々だったという。「兄はほしいものが買い与えられないと、ヒステリックに怒り散らし、買ってもらえるまで執拗に要求し続けます」。なんでも買い与えられる長男と、絵が得意で自分で漫画を書き始め、お金のかからない弟という構図だ。 「その状況は高校を卒業しても変わらず、兄は年間の授業料が1000万円程度という名古屋の私大の歯学部に、私は14万円程度の国立大の数学科に進学しました。兄は6年間大学に通い、『歯医者にはなりたくない。研究を続けたい』と大学院に4年在籍した後、さらに大学に残った。(略)私は卒業後に中学校の数学常勤講師を半年、名古屋を離れ上京し漫画家のアシスタントを半年務めました」  その頃、母親は通っていた指圧の先生から地元の小さな宗教団体を紹介され、入信。続いて兄も入信。宗教の影響でしばらくは兄も落ち着いた性格になっていたが、問題が起きる。 「12年歯学部にいた兄に研究室でのポストがなかった。そのことで担当教授ともめた兄は、母に対して『歯学部に行けと言ったのはお母さんだ。どうしてくれるんだ! 責任をとれ! どうにかしろ!』と怒りをぶつけたのです。来る日も来る日も逆上した兄にののしられ続けた母は、胃がんを患い、それから間もなく亡くなりました。91年、私の結婚式の2日後のことです」  江川は母に泣きつかれ、経理を任せていたために「どれくらい貯まったか調べたら、数億円あるはずのお金がまったくない。(略)どうやら母は前述の宗教団体へのお布施で、すべて使い果たしてしまった。その母にお布施を強要し続けていたのは、兄だったのです」
nakano:

toukubo:

ysvoice:

coupdefoudre:


ashiiixo: amypalooza:thedannyboi:shesaywhahnow:teap0ts:pastrytramp:
Somebody dying under the MRI. 
 MRIのもとで人が死ぬ瞬間 This is actually pretty cool because before you die, your brain releases tons and tons of endorphins that make you feel a range of emotions. すごい! 人が死ぬ前に、脳は大量のエンドルフィンを放出し、一定の情動を人に体験させる。 This is why when people die, they see things like “a light” and they feel so euphoric. ~psychology, yo それで、人は死ぬときに「光」のようなものを見たりとても幸福な気分になる。 

 ah, you can see his trachea convulsing too—when a person dies they let out all excess air in their lungs, the “death rattle.”

Whether like or dislike to see, this is the most amazing picture to realize what will be going on our brain at our — literally —  final moment.

すごいすごい。これは凄い。まじなのだろうか。これが実物かどうか(原文とかよんでないけど)はおいといてこの方法でいろいろわかんじゃんっていう方法だっていうだけでも十分すごい。やべー。やっべー。これもう次はセックス、入眠、起床、ひらめき時、とやってこう。あと天才的な人のひらめきと普通の人のひらめきも是非比較して欲しい。天才のひらめきは凡人のセックスより気持ちいい可能性あるかんね。死のあたりにフォーカスしてもこれは凄い。

これが本当なら、苦しみ抜いたあいつも死の瞬間は幸せだったのかなぁ、と思った。

nakano:

toukubo:

ysvoice:

coupdefoudre:

ashiiixoamypalooza:thedannyboi:shesaywhahnow:teap0ts:pastrytramp:

Somebody dying under the MRI. 

MRIのもとで人が死ぬ瞬間 This is actually pretty cool because before you die, your brain releases tons and tons of endorphins that make you feel a range of emotions. すごい! 人が死ぬ前に、脳は大量のエンドルフィンを放出し、一定の情動を人に体験させる。 This is why when people die, they see things like “a light” and they feel so euphoric. ~psychology, yo それで、人は死ぬときに「光」のようなものを見たりとても幸福な気分になる。

 ah, you can see his trachea convulsing too—when a person dies they let out all excess air in their lungs, the “death rattle.”

Whether like or dislike to see, this is the most amazing picture to realize what will be going on our brain at our — literally —  final moment.

すごいすごい。これは凄い。まじなのだろうか。これが実物かどうか(原文とかよんでないけど)はおいといてこの方法でいろいろわかんじゃんっていう方法だっていうだけでも十分すごい。やべー。やっべー。これもう次はセックス、入眠、起床、ひらめき時、とやってこう。あと天才的な人のひらめきと普通の人のひらめきも是非比較して欲しい。天才のひらめきは凡人のセックスより気持ちいい可能性あるかんね。死のあたりにフォーカスしてもこれは凄い。

これが本当なら、苦しみ抜いたあいつも死の瞬間は幸せだったのかなぁ、と思った。

hkdmz:

「妖怪ウォッチ」に見え隠れする汚れた大人たちの黒い欲望・・・・ナンパ師の間でも注目、おもちゃが性の道具にwww|やらおん!
fazz0611:

Twitter / nacookan: このホテルまじか …
あと、仕様と見積がハッキリしていないのに商談の最初の一言が「とにかく安くお願いしたいんだけど」から始まるのは不思議を通り越して不気味ですらあります。そういう連中の集まりだから地方経済は伸びねぃんだろうなぁとも思います。残念ですね。

労働基準が可笑しい (スコア:1)
by Anonymous Coward on 2012年11月14日 11時28分 (#2271904)

1.昼休みがない

労働基準法:
休憩時間は労働者が権利として労働から離れることが保障されていなければなりません。従って、待機時間等のいわゆる手待時間は休憩に含まれません。

実態:
学校の場合、原理的には昼休みは教員が交代で取得しなければなりません。しかし、教員は休憩時間に指導あるいは監視をすることが求められます。

2.残業代がおかしい

労働基準法:
短時間でも残業代はでないとおかしい。むしろ、時間外労働、休日労働および深夜労働に対して、割増賃金を支払わなければならない

教員の勤務時間・勤務体系の在り方、文部科学省:
「部活動の監督・顧問」という職務命令によって命じられた付加的な職務であり、週休日等に4時間以上従事した場合には部活動指導業務に係る教員特殊業務手当(部活動手当)が支給されている。ちなみに金額は3400円/day, そのほか、特殊勤務手当支給細則に従う日当は、採点などのための休日出勤900円/day~非常災害時における児童の保護や災害復旧6400円/dayと、上限も下限も異常に安い。
http://www.shiga-u.ac.jp/kitei/reiki_honbun/u0340384001.html [shiga-u.ac.jp]

教職なんてブラック企業じゃないか。まず、普通の労働環境を作ってから議論しないと、いつか誰かが問題提起するだけで破綻するよ。

どんな音楽よりも雨音の方が心地良く、どんな音楽よりも雨音の方がおそろしい
Twitter / SAKAI Yasushi (via nakano, browneyes)
2008-05-11 (via gkojay) (via takaakik) (via deli-hell-me) (via canaliar) (via himatbshiz) (via reretlet) (via gkojax) (via spring-mu10) (via goffaexe)

僕は学生時代から同人誌を通じて知り合ってました。ずっと一緒に同人誌を作っていて。で、僕が高校を卒業して、田尻の自宅の近くにアパートを借りて、しばらくそこが同人誌「ゲームフリーク」の事務所みたいな感じになっていた時期がありまして、その頃に、僕が自宅用に買ったファミコンとかをみんなで遊んだり、みんなでゲームセンターに行ったりとかしてるうちに自分達でゲームを作ってみたいっていう気持ちが高まっていったんです。

 それで、どうやったらゲームを作れるんだろうと考えはじめた時に、同人誌「ゲームフリーク」の会員で愛媛県のプログラマー集団のような方達が、「なんでも解析できますよ」と言われたんです。「ファミコンも解析することができます」ということだったので、今で言う「インディーズ」という言葉はその頃はあんま聞いたことがなかったんですが、そういう(小さな)体制でもゲームが作れるんじゃないかということで、(ゲーム作りの)具体性が増して、実際にゲームを作ることになったんです。

inu1941-1966:

人類は衰退しました_のんびりした報告 2012

JINRUI ha suitai shimashita _ nonbiri shita houkoku

comic: taquya MITOMI